チラシ集客~チラシ作成・印刷の基本~

元画像_チラシ集客~チラシ作成・印刷の基本~

テキスト_チラシ集客~チラシ作成・印刷の基本~

独立開業したら、宣伝はどうしても必要です。紹介営業が士業の主な集客方法とは言え、今の時代、それだけでは食べていけません。

独立開業したばかりで取り組みやすい集客方法といえば、ネット集客かチラシ集客。どちらも安価です。

ネット集客は別の記事に譲るとして、この記事では、紙チラシの集客の基本についてお伝えしていきたいと思います。

さて、いざチラシを作ろうとしたとき、分からないこともたくさん出てくるのではないでしょうか?

  • カラーと白黒、反応がいいのはどっち?
  • 紙の厚さは、どのくらいが最適?
  • 紙の種類はどうする?
  • 片面印刷と両面印刷、どっちがお得?
  • ちょうどいい紙のサイズは?
  • 事務所でプリンター印刷、印刷所に依頼、どっちが良いの?

この記事では、チラシ作成時によく耳にする、こうした疑問にお答えしていきます。
ぜひ参考にして、チラシ作成に取り組まれてみてくださいね。

カラーと白黒、反応がいいのはどっち?

チラシ集客~チラシ作成・印刷の基本~_カラーと白黒、反応がいいのはどっち?フルカラーの方が見栄えも良いし、フルカラー印刷に憧れる先生も多いかも知れません。
でも、実はチラシにおいて、色はそれほど重要ではないんです。

チラシの役目は、チラシを見た人からの反応をとることですが、フルカラーか白黒かで反応率はほとんど変わりません。

もちろん、フルカラーの方が効果的なものも商材・サービスによってはあります。たとえば、エステや洋服、インテリアなど、女性向けでファッション性を重視する場合などです。
でも士業の場合、ファッション性ではなく信頼性を重視しますので、無理にフルカラーにする必要はないと言えます。

ただ予算の都合で、白黒印刷を選択する必要はありません。なぜなら実際のところ、印刷所に頼む場合は、白黒とフルカラーでそれほど大きく値段が変わる訳でもないからです。

少部数なら数百円程度の違いしかないので、予算の都合と言うよりは、作成するチラシの内容に合わせて、フルカラーか白黒かを選択するようにしましょう。色を効果的に使ったデザインが作れないなら、白黒印刷にしておいた方が無難です。

紙の厚さは、どのくらいが最適?

チラシ集客~チラシ作成・印刷の基本~_紙の厚さは、どのくらいが最適?紙はある程度の厚さがあった方が良いです。チラシだからといって、ぺらぺらの薄い紙では、安っぽさが出てしまいます。

士業のように信用が売りの場合は、ある程度しっかりした紙を使った方がベター。最低73kg以上の厚さを選択しましょう。とは言え、110kgでは厚すぎて折りにくいので、おすすめは73kg~90kgです。

紙の種類はどうする?

紙の種類は、非常に豊富です。ただチラシ印刷によく使う紙といえば、コート紙、マットコート紙、上質紙あたりになるでしょう。

コート紙、マットコート紙は色の再現性が良く、カラー印刷するならこちらの紙が良いでしょう。コート紙の方が光沢があります。
上質紙は光沢がなく厚みのある紙です。色の再現性はあまりよくありません。また、コート紙、マットコート紙に比べると割高です。

費用面を考えると、コート紙かマットコート紙がおすすめ。チラシでよく目にするのはコート紙が多い印象です。ただ、マットコート紙の方が落ち着きと高級感が出るので、士業向きかも知れません。

ちょうどいい紙のサイズは?

情報量に合わせるのがベストです。
よく予算を削ろうとして、小さい紙に情報を詰め込んでしまっているチラシを見ます。
ですが、そういうチラシでは、まったく反応が取れません。いくら予算を削ったからと言って、反応がとれなければすべて無駄なコストになってしまうので、かけるべきところにはかけるようにしましょう。

だからと言って、大きければ大きいほど良いと言うわけでもありません。もちろん、たくさんのチラシがある中で目立つには、サイズの大きい方が目立ちます。でも、掲載する情報があまりないのに、無理に大きい紙を使っても、受け取った側からすると、紙の無駄遣いのように見え悪印象です。

読みやすい文字サイズ、必要なビジュアル(画像)・情報を載せて、適度な余白ができるくらいのサイズを選択しましょう。

片面印刷と両面印刷、どっちがお得?

チラシ集客~チラシ作成・印刷の基本~片面印刷と両面印刷、どっちがお得?チラシは両面と両面どちらが良いのでしょうか?
両面印刷の方が反応がとれるという話はよく見かけますが、正直、どちらでも変わりません。

両面印刷の方が片面よりも載せられる情報量が多いので、反応も多くとれます。その意味では、両面印刷の方が反応がとれるという話は間違っていないでしょう。ただ、当然ですが、片面よりも両面の方が印刷コストがかかるので、費用対効果で見るとそれほど差異はないのが現状です。

そのため、片面・両面、どちらで印刷しても構いません。
ただA3片面で印刷するより、A4両面で印刷した方が、印刷コストは大きく抑えられます。チラシサイズが大きい方が目立ちますが、片面で大きい紙を使うよりは、両面印刷で半分の大きさの紙を使う方が予算には優しいと言えるでしょう。

事務所でプリンター印刷、印刷所に依頼、どっちが良いの?

チラシ印刷は、自分の事務所でプリンターを使って印刷するか、印刷所に頼むかのどちらかの選択
になります。

プリンターの方が安いように感じますが、使用するインクの量や枚数を考えると、印刷所に頼んだ方が安いことも多いです。目安として30枚~50枚程度なら、事務所のプリンターで印刷した方が安いですが、100枚以上なら印刷所の方がおすすめ。印刷所に頼めば、余部がついてくることも多く、おおよそ注文した枚数の1割増しくらいの枚数を納品してくれます。(※印刷所によります)

ここで、安くて品質も良い印刷所をいくつかご紹介します。少部数から印刷でき、独立開業したばかりでも使いやすい印刷所です。チラシだけでなく、名刺印刷に利用しても便利です。

入稿データ形式も、フォトショップやイラストレーターだけでなく、PDF形式やWord、Excelも受け付けているので、特別な画像編集ソフトを持っていなくても使いやすいかと思います。

◆WAVE
https://www.wave-inc.co.jp/

◆プリントパック
http://www.printpac.co.jp/

◆グラフィック
http://www.graphic.jp/

まとめ

  • フルカラー印刷と白黒印刷で、反応は大きく変わらない
  • 紙の厚さは73kg~90kgがおすすめ
  • 紙のサイズは掲載する情報量に合わせて選択しよう
  • 両面印刷で紙サイズを小さくした方が、片面印刷で大きな紙を使うより安価で済む
  • インク量・印刷枚数によっては、事務所のプリンターより、印刷所で印刷した方が安い
この記事を書いた人
ナダモトヒロノリ

ナダモトヒロノリ

趣味
釣り・キャンプ
好きな食べ物
ピザ・パクチー
嫌いな食べ物
ホイップクリーム
ペット
ルンバ
一言
6年間、コンサル業をして中小企業のマーケティング・経営改善に取り組んでいました。現在、コンサルタントを中心に、士業・先生業の集客をお手伝いしています!数字を眺めるのが至福の幸せ。分析はお任せください。ルンバは人生の伴侶です。