問合せが倍増する、信頼されるプロフィールとは?

元画像_問合せが倍増する、信頼されるプロフィールとは?

テキスト_問合せが倍増する、信頼されるプロフィールとは?

安心して問い合わせをしてもらうには、信頼されるプロフィールを見せることが重要です。士業にとって、商品とは「自分自身」。だからこそプロフィールとは、ただ先生がどんな人かを説明するだけでなく、先生という「商品」をアピールするためのものなのです。

プロフィールを読んでもらって、信頼してもらえれば、お客様との関係づくりに役立ちます。もちろん、問い合わせをしてもらいやすくもなります。プロフィールをきちんと作って、先生自身と事務所の魅力をユーザーに伝えるのは、問い合わせを伝える第一歩です。

そこでこの記事では、信頼されるプロフィール作りのポイントをご紹介します。

情報の羅列はNG!人がらがにじみでるプロフィールを

問合せが倍増する、信頼されるプロフィールとは 情報の羅列はNG!人がらがにじみでるプロフィールを
お客様は、相談する先生がどんな人なのか、とても気になっています。逆を言えば、どんな人なのか分からない人には、相談しようという気すら起きません。

プロフィールは、先生という商品を魅力的に伝えるツールです。

そのため、プロフィールはできるだけ細かく書くようにしましょう。生年月日、実績などだけを載せた、情報の羅列のような無味乾燥なものではアピール力がありません。できるだけプロフィールから、先生の人柄がにじみ出てくるように作成するのがポイントです。

基本プロフィール

問合せが倍増する、信頼されるプロフィールとは 基本プロフィール名前のほか、写真の掲載は必須です。硬い厳めしい顔つきではなく、柔和で自然な笑顔の写真を掲載しましょう。
服装も重要。清潔感ある、きっちりとした格好で撮影してください。
そのほか、役職や取材された内容、メディア掲載実績、執筆したものがある場合は、権威づけ・信頼感アップのために掲載しましょう。

親近感アップのために

問合せが倍増する、信頼されるプロフィールとは 親近感アップのために親近感アップのために掲載した方が良いのが、「経歴」や「趣味」です。趣味からは人柄がにじみ出るので、たとえお客様が同じ趣味でなかったとしても、効果的です。

そして親近感アップのために、最も重要なのが「経歴」。この経歴は、ただ情報を羅列しただけでは、無味乾燥なものなりがちです。でも、ここで先生の人がらを見せられるかどうかが、信頼感・親近感を得られるかの境目です。

経歴は、大学だけではなく、保育園(幼稚園)などから書くのがポイント。出身地も明記しましょう。もしお客様が先生と出身地や出身学校が同じだと、それだけで好感をもってもらえます。場合によっては、そこが同じというだけで問い合わせにつながることもあります。

また、学生時代の写真や部活なども交えて紹介すると良いでしょう。硬い・近寄りがたいイメージが一変して、問合せしてもらいやすくなります。

独立への想いを言葉にしよう!

問合せが倍増する、信頼されるプロフィールとは 独立への想いを言葉にしよう!
先生自身のプロフィールと同じくらい重要なのが、先生の「想い」です。

士業の場合、「なぜ独立したんですか?」と聞かれることは、多くあります。独立は大変なことです。大変だとわかっていても、独立したにはそれなりの理由があるはず。その熱い想いを、きちんと言葉に乗せて説明できるようにしましょう。

なぜ独立したのか、その理由は人それぞれです。独立した理由を熱く語ることができれば、それはあなただけの魅力。他の事務所との差別化にもつながります。

士業として社会に与えたい影響、使命、熱い想い、事務所名の由来など、語れるものはすべて語りましょう。これらは、過去の経験と絡めて伝えられるとベストです。「これだけ苦労したから、自分と同じ悩みを解決したい」「周りに困った人がいたら助けたい」など、といった形で伝えてみてください。

先生の理念に全員が納得するわけではありませんが、お客様のなかには親近感を感じたり、共感したりする人が必ずいます。まずはその人「だけ」で構いませんので、その人だけにメッセージを送るイメージで書きましょう。

親近感や共感は、自然と信頼感アップにもつながり、「相談するならこの先生に頼みたい!」と思ってもらえるようになります。

お客様と約束しよう!

問合せが倍増する、信頼されるプロフィールとは お客様と約束しよう!
お客様の不安な気持ちを取り除くために、お客様と誠実な約束を交わしましょう。
先生が相談をうけるとき、依頼を受けて解決するときに心がけていることはなんですか?

  • スピーディーに解決する
  • 専門性の高いサービスを提供する
  • きめ細かく対応する
  • 専門用語を使わず、分かりやすい言葉で説明する
  • 粘り強く交渉を続ける
  • 進捗状況はこまめに報告する

など、お客様が安心できるような「約束」を明記してください。当たり前と思うことでも、言葉に出したり、書いたりしないと伝わりません。当たり前のような約束でも、あえて書くと、お客様の信頼を得られるようになります。

この記事のまとめ

問合せが倍増する、信頼されるプロフィール作りのポイント

  • 情報の羅列ではなく、人がらがにじみでるプロフィールを!
  • 熱い想い、使命感を、過去の経験と絡めて伝える!
  • お客様との約束は、当たり前のことでも明記しよう!
この記事を書いた人
タバタサチコ

タバタサチコ

趣味
読書・ゲーム
好きな食べ物
トマト
嫌いな食べ物
あんこ
ペット
ハムスター
一言
講師として10年以上の経験があり、セールスライティングを学んで集客を行ってきました。今は、士業・コンサル・先生業のホームページ集客に向き合い、アドバイスをさせていただいています。ピアノが弾ける&置ける家に引っ越すのが夢です。