士業のホームページ&Facebook 新規顧客獲得のための活用術

元画像_士業のホームページ&Facebook 新規顧客獲得のための活用術

テキスト_士業のホームページ&Facebook 新規顧客獲得のための活用術

士業にとって、ホームページ同様、Facebookももはや必須の存在です。
ホームページもFacebookも、

  • お客さまへの情報提供の手段
  • 顧客獲得のための手段

として活用できるので、すでに両方お持ちの先生も多いことでしょう。

しかし、満足のいく結果は出せていますか? ただ開設しただけ、作っただけ、になっていないでしょうか?
ホームページもFacebookも、有効な活用の仕方を知らなければ、宝の持ち腐れです。

そこで今回は、ホームページとFacebookを、今よりもっと効果的に活用する方法をお伝えしたいと思います。

役割分担を明確に

士業のホームページ&Facebook 新規顧客獲得のための活用術役割分担を明確にホームページもFacebookも、

  • お客さまへの情報提供の手段
  • 顧客獲得のための手段

として活用できるとご紹介しましたが、正確には役割分担を明確にして、活用することが大切です。

ホームページとFacebookでは、若干、得意分野が違います。
そのため、それぞれの得意分野を伸ばすようにするのが、より効果的に活用するポイントです。

これはしちゃダメ! 運用の失敗例

士業のホームページ&Facebook 新規顧客獲得のための活用術_これはしちゃダメ! 運用の失敗例それを知らずに、Facebookとホームページの両方をお持ちの先生がやりがちな運用の失敗例があります。

     

  1. ホームページにFacebookのガジェットをいれる
  2. Facebookのみを更新する
  3. 最新情報はFacebookでのみ発信する

この3ステップだと、更新はFacebookだけでOKです。ホームページを更新する必要がないため、先生としては負担が減ります。一見、効率的な運用のようにも見えます。

でもこれは、「新規顧客を獲得する」ための運用法としては、残念ながらNGです。

Facebookだけに頼っちゃいけない理由

士業のホームページ&Facebook 新規顧客獲得のための活用術_Facebookだけに頼っちゃいけない理由先ほどご紹介した運用法、一体どこがいけないのでしょうか?
色々理由はあるのですが、主なものとしてあげられるのが4つ。

  1. ホームページに来た人は、最新情報を得るために、わざわざFacebookに行かないといけない
  2. Facebookのアカウントを持っていない人は、Facebookが見られない
  3. Facebookの情報は時系列に並んでいるから、過去の情報・欲しい情報を探すのが大変
  4. Facebookは私生活の情報が多くなりがちのため、士業にとって大切な「信頼感」につながりにくい(※親近感を持ってもらうには効果的なのですが…)

この4つの理由から、Facebookだけを更新するのは、あまりおすすめできません。

ホームページとFacebook、それぞれ得意分野は?

面倒くさいかも知れませんが、ホームページとFacebook、それぞれの得意分野を伸ばすように運用しましょう。
ホームページとFaceebookの得意分野を知って、それぞれを組み合わせつつ、使いわけるのが最も有効な活用法です。

それでは、2つの得意分野をそれぞれご紹介します。

ホームページ

士業のホームページ&Facebook 新規顧客獲得のための活用術_ホームページ

  1. 情報を整理して伝えられる
  2. 情報を体系的に伝えられる
  3. 「変わりにくい情報」を伝えるの適している
  4. →たとえば、「料金」「サービス案内」「事務所の場所」「営業日」「電話番号」など。

Facebook

士業のホームページ&Facebook 新規顧客獲得のための活用術_Facebook

  1. リアルタイムの情報を伝えられる
  2. お客さまと双方向のコミュニケーションをとれる
  3. 親近感を与えられる

ホームページもFacebookも、人間と同じで適材適所があります。より力を発揮できるところで、使うようにしましょう。

おすすめの運用法

士業のホームページ&Facebook 新規顧客獲得のための活用術_おすすめの運用法ホームページとFacebook、それぞれの得意分野をご紹介しましたが、いかがでしょうか?
それぞれの活用シーンを思い浮かべることはできましたか?

ここで、ホームページとFacebookを効果的に組み合わせた運用法を、具体例を挙げてご紹介しましょう。

     

  1. ホームページにサービスのご案内をのせる
  2. お客さまからおよろこびの声をいただいたら、まずはFacebookに投稿する
    →新鮮な情報を、より早く届ける
  3. お客さまの声がたまったら、過去分をホームページに載せる
    →アーカイブ化することで読みやすくする
  4. Facebookの「お客さまの声」最新の投稿から、ホームページのお客さまの声ページへ誘導をつける

こうすると、Facebookにきた人にも、ホームページへきた人にも、お客様の声を届けられます。Facebookのお客様の声に興味を持った人は、ホームページに来ることで、簡単に過去のお客様の声までさかのぼれます。さらに興味を持った「サービス」についても、見ることができます。

このように、ホームページとFacebookを上手く連携させて、双方向の行き来ができるようにするのがポイントです。両方の情報を最新の状態に保つことが、

  • お客様からの信頼アップ
  • お客様への適切な情報提供

を実現します。
これが最終的に、新規顧客の獲得へとつながっていくので、ぜひ実践されてみてください。

まとめ

  • ホームページとFacebook、それぞれの得意分野を知って、効果的に活用しよう
  • Facebookが得意なのは、最新情報の発信・双方向コミュニケーション
  • ホームページが得意なのは、情報のストック・整理
  • ホームページとFacebookは、両方を更新し、お互いに連携させることが大事
この記事を書いた人
タバタサチコ

タバタサチコ

趣味
読書・ゲーム
好きな食べ物
トマト
嫌いな食べ物
あんこ
ペット
ハムスター
一言
講師として10年以上の経験があり、セールスライティングを学んで集客を行ってきました。今は、士業・コンサル・先生業のホームページ集客に向き合い、アドバイスをさせていただいています。ピアノが弾ける&置ける家に引っ越すのが夢です。