税理士の年収の実態とは?

160520_元画像_税理士の年収の実態とは?

160520_テキスト_税理士の年収の実態とは?

これから税理士を目指す、もしくは税理士として独立しようと考えている方にとって、平均の年収がどれほどあるのかは、気になるところではないでしょうか?

税理士になるには非常に難しい条件をクリアーしなければならないので、「高収入を得られる」というイメージを抱いている方も多いのではないかと思います。

実際、高収入を得ている税理士さんもいます。反対に、「せっかく資格を取得したものの、思ったほど収入がない……」という税理士さんも少なくありません。

果たして、税理士の平均年収はどのくらいなのか、ここではその実態に迫りたいと思います。

企業や会計事務所に所属している税理士の場合

税理士の年収の実態とは? 企業や会計事務所に所属している税理士の場合企業や会計事務所に所属している場合、勤続年数が収入にも関わってきます。実務経験が5年に満たない場合は、どうしても年収は低めになります。ただ、一般的に実務経験が5年以上になると、年収500万程度が標準的なケースです。

もし、20代で税理士として企業や会計事務所に勤められたとしたら、同年代よりは高い年収が得られると言えるでしょう。ただ以上の収入を得るには、管理職になったり、中規模以上の会計事務所に勤めたり、とやや条件が厳しくなってきます。

管理職や中規模以上の会計事務所で、実務経験が豊富であれば、おおよそ700万~800万が年収の目安です。どこかに所属する税理士になるのは安定した収入が得られる反面、1000万以上の高収入は難しいのが現実です。

独立開業した税理士の場合

税理士の年収の実態とは? 独立開業した税理士の場合開業した税理士の平均年収は3000万円と言われています。資格を取って税理士となったからには、これだけの高収入を得たいものですよね。

ただ独立したからと言って、すぐに年収3000万になれるかと言うと、そんなに現実は甘くありません。当然のことながら、独立開業した場合、受け身の姿勢では仕事をとれません。自分で営業をして、お客様を獲得することが必要になってきます。

つまり、税理士として専門的な知識があるだけでは、成功をおさめるのは難しいのです。税理士としての専門知識だけでなく、営業スキルがあるかないかが、年収の明暗を分けます。独立後、顧客獲得に苦労して廃業してしまうケースは少なくありません。

平均年収3000万とはいえ、その内訳は、1億以上を超える高所得者がいる一方で、年収300万円以下の税理士が全体の4分の1を占めているというのが、独立開業した税理士の実態です。

独立開業は、成功すれば年収3000万以上も夢ではありませんが、そうなれるのは実はほんの一握り。独立開業は、ハイリスク・ハイリターンと言えます。確実に成功をおさめるためには、独立開業前にしっかりと準備をしておきましょう!

この記事を書いた人
タバタサチコ

タバタサチコ

趣味
読書・ゲーム
好きな食べ物
トマト
嫌いな食べ物
あんこ
ペット
ハムスター
一言
講師として10年以上の経験があり、セールスライティングを学んで集客を行ってきました。今は、士業・コンサル・先生業のホームページ集客に向き合い、アドバイスをさせていただいています。ピアノが弾ける&置ける家に引っ越すのが夢です。